グループ紹介

GOKOとまとむら
GOKOとまとむら全景

自給率の向上に寄与し日本の農業への貢献をめざします。

収穫後すぐに出荷
収穫後すぐに出荷
併設の加工工場にて
併設の加工工場にて

「GOKOとまとむら」は、1953年創設のGOKOカメラ株式会社が2002年に設立したアグリ事業部です。世界を制圧したカメラ業界で培った合理化、品質管理技術を活かし、東京ドーム約1.1倍という日本有数の大規模施設栽培によるトマト生産、加工品生産を行っています。

併設の加工工場においては、自社生産トマトのみを使ったトマト加工品や、その他多種類の加工品を製造販売。またOEM加工も承っています。

年間を通じた安定生産により、安心・安全な食料の合理的・安価な生産を目指すことにより、日本の自給率の向上にも寄与し、現代の農業政策への提言を行うことを目的の一つに掲げています。

今でこそ農業分野への異業種進出は珍しいことではありませんが、2002年の弊社アグリ事業部設立当初にはメディアやお客様から数多くのお問い合わせが寄せられました。弊社は今後とも農業への異業種参入のパイオニアとして日本の農業への貢献をめざします。

GOKOとまとむら紹介ビデオ

GOKOとまとむら紹介ビデオ

アグリ事業部の概要

GOKOカメラ株式会社 本社
(アグリ事業部川崎オフィス)

〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越3-380 GOKOビル
TEL: 044-544-1311㈹ FAX: 044-555-6157

アグリ事業部
(GOKOとまとむら)

〒399-3802 長野県上伊那郡中川村片桐2447-63
TEL: 0265-88-6135 FAX: 0265-88-6138

このページのトップへ